フライキャステイング

 

いよいよ投げ方です。
フライラインに力を伝えてフライを遠くへ運ぶ技術のことをフライキャスティングと言います。前後にフライラインをヒュンヒュンと投げる動作、
これこそがフライフィッシングの最も特徴的なものですが、実践のキャスティングはちがいます、
体や腕の動き自体は単純なものですが、練習して覚えていきます
kyas01
第一には「フライキャスティングは物を投げる、飛ばすという感覚ではない」ということです。
どうしても最初は投げるという意識が強くなってしまうのですが、
たとえば他の釣りであるルアーやオモリの付いた仕掛けのように重さのあるものを投げるという運動とは根本的に違います。
軽い毛ばりを手に持って思いきり投げても全く飛んでいきません。この軽い毛ばりを遠くへ運んでいくには、
「フライラインに力を伝えていくことが必要です。むちを振る感覚です、
最初は手のひらを内側に向け横に1mくらいラインを出し振ってみることです、どうしたらループができるかが理解できます、
竿先に重さを感じることができそれを延長していくとキャステイングになります、
腕の前後の動きがロッドへ、ロッドの動きがフライラインへというように、
この力を伝えていくために必要なのがロッドを前後に振ることによって生じるフライラインの「ループ」と呼ばれるU字型の形です。
このループが前後でロッドの動きを止めた時に解けていくことでフライラインも伸びていきます。
フライはループで飛ばすといっても過言ではありません、
フライフィッシングはやはり少し練習をしたほうが良いでしょう。
始めは管理釣り場などへ行って、キャスティング練習から始めるのが良いですが、またその前に人のいない広場などで基本的なキャスティング練習をしておくのもお勧めです。練習する際は安全のためフライは取り付けず、リーダーまでの状態で行います、リーダーの先には毛糸を結んで、また周りに人がいないか常にチェックして安全確認を怠らないようにしましょう。
バックキャストとは言葉通り後ろへのキャストのことです。なぜ最初にバックからと思われる方もいっらっしゃるかもしれませんが、
フライフィッシングでは前に投げるためにはまず後ろに投げなくてはなりません。
後ろに投げたフライを今度は前にキャストするのが一般的です、実践では違う動作でキャステイングに入ることが多いので後から説明します、
フォルスキャストとは狙ったところにフライを落とす前に空中で何回か行う調整のためのキャストのことです。
調整方法は向きとポイントに落とす、指をさすように覚えると良いです
ホールとは英語で引くという意味になりますが。これはある程度基本のキャスティングが出来てからの課題になりますが、キャスティング中にフライラインを引っ張ることでスピードが増し、より遠くへ投げることもできるようになるテクニックです。ラインスピードを上げることで風などにも対処できます、早くから覚えるようにしましょう、
通常のキャスティングでは後ろにもスペースを必要としますが、ロールキャストはバックが取れない場面で使えるキャスティングテクニックの一つです。実践では一番多用します、キャステイング動作に入るときも多用しますので最初に覚えましょう、
ロールキャスト後にラインが一直線になるまで練習します、
川には流れがありますので、ただフライをまっすぐに投げただけではあっという間にラインが流されて、フライが不自然な動きをしてしまいます。
フライフィッシングではまるでフライにラインが付いていないかのように自然に川に流せるかどうかがポイントになります。
そのためのテクニックを学んでいきます。
流れを攻略するための必須のテクニックの一つがメンディングです。メンディングとは修正するという意味で、
フライラインを流れの影響を受けないように動かしていきます。
実際に渓流などの流れを見ると、非常に複雑なことが分かります。これをテクニックを駆使して攻略していくことがフライフィッシングの醍醐味の一つです。フライを自然に流すこと(ナチュラル・ドリフトと言います)が出来れば、成功に一歩近づきます。
最初はラインを水面につけず、毛鉤を点にイメージすることです、要するに無駄なラインは少なめに出し、竿先をあげて毛鉤を点に見立てることです、流れに左右されず釣果があがります、私の格言ですが釣り人は忍者になりましょう、格好も大事ですが、実践は泥臭くてもかまわないのです、
できる限り魚の居場所を荒らさない用近ずくべきです、

ピックアップ記事

  1. 2016/5/26

    大野川
  2. 2016/5/12

    戸切地川
  3. 2016/5/7

    厚沢部川
  4. サックルベツ川 旧国道の230号線から奥沢橋を渡ると川に出る、 この旧道付近は熊の出没が多…
  5. 利別川本流タム上流 魚種 ヤマメ、イワナ、ニジマス、ウ…
  6. 魚種 ヤマメ、イワナ、 ビリカタム上流に向かって左側の川、 この川がチュ…
  7. 2015/10/20

    フモンナイ川
    フモンナイ川 河口からすぐに現れる巨大ダム湖の川は狩場山系を源とし、険しい山岳渓流に…
  8. 石狩川水系にある定山渓市街で小樽内川と合流する、この合流点は深い谷底を流れ、 入渓は不可能に近…
  9. 倶登山川 国道5号線倶知安橋下流で尻別川に合流する支流のひとつで 比較的水量が多い河川であ…
  10. ヌップリ寒別川 寒別地区で尻別川で合流する小さな川で、 入渓するのに寒別橋付近…

ピックアップ記事

  1. 2016/5/26

    大野川
  2. 2016/5/12

    戸切地川
  3. 2016/5/7

    厚沢部川
  4. サックルベツ川 旧国道の230号線から奥沢橋を渡ると川に出る、 この旧道付近は熊の出没が多…
  5. 利別川本流タム上流 魚種 ヤマメ、イワナ、ニジマス、ウ…

スポンサーリンク

北海道の渓流

ページ上部へ戻る